話さない人→何も言うことがない人

Share on Facebook
LINEで送る

Hi, Junpeiです!

 

この週末は香港から2人のゲストがうちにホームステイしていました。

 

金曜日は、数人の生徒を誘って、みんなで食事。

IMG_9603  

 

土曜日は、男4人で遊びに行ったのですが、 印象的だったのが、

秋田町の屋台でテンションが上がる2人(笑)

IMG_9609

「おー、日本のサラリーマンになったみたい!」

 

と、大喜びしていました(笑)

 

ちなみに、今回のように、英語のパーティーや遊ぶ時に、

誰も相手してくれず、一人ぼっちになって淋しい経験したことありませんか??

 

僕はアメリカのホームパーティーでは多々あります。

みんなが騒いでいるのに部屋の隅っこでポツン・・・(苦笑)

それがバレないように、片付けをして何かをやっているフリ(笑)

 

あー・・・思い出しただけでも悲しくなってきます(苦笑)

 

でも、それは英語ができなかったからでしょうか?

実は違います。

 

その理由は、Nico Kidsを一緒にスタートした、

Briannaに言われた言葉で気付きました。

 

 

アメリカでは、”話さない人→何も言うことがない人=つまらない人” と思われる

 

ということでした。

よく言われる、“自己主張” 。

それに、“自己表現” (自分をどう見せるか?)

というのが必要ということ。

 

「あ、この人喋ってないね」

と、日本人同士のように、

空気を察して話を振ってあげるというのは少ないです。

(特に男に対しては(笑))

 

 

ここでは、外国人と話す上で最低限この2つをうまくやれば、

絶対会話が弾むということをお伝えします。

たくさん必要なことはあるのですが、最も重要な2つです。

 

もちろん、これはバランスを調整すれば、

日本の社会でも通用します。

 

  1. 自分に起こった面白い出来事を話せるようにする。

要は、「すべらない話」みたいなものです。

そういうとハードルが高いかもしれませんが、

あの芸人さんたちは何度も何度も練習しています。

 

当たり前ですが、僕達もしっかり練習して自分のモノにしないといけません。

(もちろんあそこまでのレベルにする必要はありません!)

 

たくさんのアメリカ人の話が上手なのは、同じ出来事を何人もの人に話すことで、

自然に、”1つの出来事の話” の精度を上げています。

だから、長い付き合いになると、何度も同じ話をしてきますよ(苦笑)

 

まずは、1つで良いので用意してみましょう!

 

  2. 自分の人生のストーリーを伝えれるようにする

外国人と話をしていると、まずあなた自身の生い立ちや今までの経験を聞かれます。

人生の谷あり山ありの出来事をコンパクトにまとめて、

60秒くらいで話せるようにしておくことが大事です。

 

でも、誰も履歴書のようなつまらない経歴なんか、聞きたくありません。

 

そこで重要なのはギャップです。

 

例えば僕が、

「元バンドマン」

(しかも音楽のジャンルがメタル)

というと、意外性がありますよね。

 

それは今の僕の見た目も職業も、

バンドマンと結びつきが全くなさそうだからです。

 

英語が下手でも、ストーリーが上手く語れなくても、

意外性があればあなたの勝ちです(笑)

その後は質問攻めをされ、それに答えていくだけです(笑)

 

「私にはユニークな変わったことなんてない!」

 

と、思っていませんか?

だとすれば、大丈夫です。

あなたが普通だと思っているほど、あなたは普通ではないです(笑)

(いい意味でね)

 

「変わってるって良く人から言われる!」

と、すっごい勢いで言ってくる人ほど、ふつーですしね(苦笑)

 

 

最後に、

“自己主張”

と、聞くとなぜか日本では少しネガティブな印象を受けますが、

本当に相手のことを思いやるのであれば、

相手の話に興味を持つことはもちろんですが、

目の前の人を楽しませることを考え、

 

相手を思いやった、“自己主張” “自己表現”

 

をするべきだと僕は考えています。

 

 

 

でも、残念なことに、 僕たち日本の教育・文化では、

このようなことを練習する機会がほとんどありませんね。

 

ないのですが、そんな経験をできる絶好の機会があります。

それは僕達が今年から開催する小・中・高生対象のオーストラリアへのツアーです。

Screen Shot 2017-04-25 at 11.05.23 Screen Shot 2017-04-25 at 11.05.41

 

5月中旬に説明会を開催します。

 

今の僕達の生徒も、僕がアメリカで経験したような淋しい思いをするはずです。

 

それで、”英語なんて・・・” と辞めてしまう人もいます。 

 

もしくは、”もっと英語勉強してやるぞ!” と、

必死になる人がいますが、実はこれは結構危険です。

 

英語が喋れるようになっても、

喋る内容(自己表現・主張)がないことに気づかず、

喋れない人がたくさんいます。

(何年も留学して英語が喋れない人はこのタイプの人が多いです)

 

僕達のツアーでは、英語力だけではなく、

このような非常に重要なことも、

お子さまに伝えていきます。

 

 

どのみち、将来的に使うようになるので、興味がある方は、

先にパスポートを取得することをオススメします!

 

 

————————————————————————–
徳島県の藍住と鴨島のこども英会話

Nico Kids English

鴨島校: 徳島県吉野川市鴨島町鴨島235-1
TEL:0883-36-9544
E-MAIL:nicokids.kamojima@gmail.com

藍住校:徳島県板野郡藍住町奥野矢上前42-1
TEL:0883-36-9545
E-MAIL:nicokids.aizumi@gmail.com

Website: nicokids.jp
Facebook: fb.me/nicokids.jp
————————————————————————–

Share on Facebook
LINEで送る

Leave a Reply

CAPTCHA